歯科医院の自費診療と保険診療の違いは?

医療機関では保険証などを提示することで自己負担を抑えることが可能ですが、治療方法によっては保険が適用されない自費診療も存在します。
通常の虫歯や歯周病などの治療は保険診療で、虫歯等をあらかじめ防ぐ予防歯科は基本的に保険が適用されなくなります。
また、審美歯科のように機能回復以外の美容目的で行う治療も、治療費は全額自己負担です。
代表的な自費診療としては、歯列矯正やインプラント治療、詰め物や被せ物に通常よりも審美性の高い素材を使う治療などがあります。
保険診療の特徴は費用が安いことにありますが、治療に使える素材はあくまで最低限のものに限られます。
自費診療では治療に使う素材が自由に選べ、患者の症例や要望に合わせて選べる利点があります。
見た目に優れるだけでなく、身体親和性が高い素材も多いので、虫歯の再発や歯周病にかかるリスクを減らせる効果もあり、長期的な視点で見ると保険診療より健康を長く維持できる可能性も否定できません。