眼鏡にはないコンタクトの楽な所

私は、週末にスーパーに行ったり、地元のファミレスで食事する時などは、
眼鏡でも平気ですが、会社に行く時や、お出かけする時はコンタクトレンズを愛用しています。
いつも購入するのは広島コンタクトレンズで目の検査をして買います。
先日、朝方まで韓国ドラマを見ていて、しかも悲しいシーンで泣いたりしたので、
朝起きると目が腫れて、とんでもないことになっていました。
コンタクトは、入れようと思えば入れられたのですが、腫れた目をごまかすためにも、
たまには眼鏡で行ってみようと思い、いつも通りにお化粧した上に、眼鏡をかけて出勤しました。
すると、家を出てすぐに違和感を感じました。
まず駅の階段を降りるのが怖く、下を向くと、
レンズを通してと裸眼のままの二重になって見えて、階段がとても見づらかったです。
踏み外しそうで、少し緊張しました。
会社へ着くと、普段と違う私の姿に、みんな真面目そうとか大人しそうとか反応してくれて、
それを楽しんでいたのですが、眼鏡がずれてくるのが気になってきました。
鼻にフィットしづらいセルフレームというのもあって、下を向いたり動く度に、眼鏡がずれるのです。
しかし、頻繁に眼鏡を上げたりすると、同僚達からからかわれそうなので、
こっそり上げたりして、何だか妙に疲れてしまいました。
やっぱりコンタクトレンズが一番楽だと、改めて感じた一日でした。